筋トレ 簡単 継続

筋トレを続けられない理由

 

 

 

メタボ腹を何とかしたい

 

若いころの体を取り戻したい

 

モデルの様なイ美脚を手に入れたい

 

綺麗なアブクラックスをインスタに上げたい

 

水着、薄着でも恥ずかしくない体になりたい

 

 

男性は筋肉質なからだ、ボクサーの様な細マッチョに憧れる人は昔から多いですが、最近では筋トレ女子という言葉もある様に、女性でも筋トレをされる方が多いです。

 

 

芸能人やモデルのツイッターやインスタグラムの写真を見て、憧れる方も多いでしょう。

 

 

引き締まったウエストや熱い胸板に憧れて筋トレグッズ、プロテインを用意して、いざ始めようと思っても続けることは難しいですよね。

 

 

1日、腹筋30回、腕立て伏せ30回、背筋40回、スクワット50回など回数やメニューを決めても、続かなかったという方も多いでしょう。

 

では、どうして続けられないのでしょうか?

 

継続できない理由を一つずつ改善していけば、誰でも効率よくトレーニングを続けることができるはずですよね。

 

そこで、どうして続けられないのか、継続できない理由について考えてみたいと思います。

 

 

 

面倒くさい、忘れる

 

 

何か目的が無いと、人はついつい楽な方に向かってしまいます。

 

プロのモデルさんや芸能人、アスリート、役者さんなど、お仕事の方は、体の維持は仕事の一つになりますので、毎日のトレーニングが日課になりますし、それでご飯を食べていくわけですから、やらなければならない状況にあります。

 

 

しかし、一般の方、仕事に支障がない方、トレーニングをしなくても現状特に問題のない方は、どうしても毎日トレーニングに時間を割くのが面倒になりますよね。

 

 

また、筋トレをしようと思っても、他にやることがあったり、忙しい方は、優先順位も低くなり忘れることも多くなります。

 

 

ご飯やお風呂の様に、行うのが当たり前という意識が無ければ、続けるのは難しいでしょう。

 

 

中々効果が表れない、辛い

 

 

トレーニングは1週間や2週間行ったからと言って、体に大きな変化はありません。

 

もちろん、その人の生活習慣やトレーニング内容にもよりますが、一般の人は3ヶ月〜半年と続けなければ実際には大きな変化は感じられないでしょう。

 

 

ハリウッド俳優の様な男らしい熱い胸板が欲しい、モデルの様な引き締まったウエスト、美脚を手に入れたいと思っても中々自分が思う様な体にはなれませんよね。

 

脂肪が燃焼したり、筋繊維を太くするには数ヶ月掛かりますので、効果が出ないからといって、更にトレーニングを増やしたり、きつい筋トレを行っても、急激に大きな変化が表れることはまずありません。

 

ハードな筋トレを行っても全然変わらないと、やる気が失せるのも当然です。

 

 

その為、すぐに結果を求めずに、続けやすいメニューで長く筋トレを行うのがお薦めです。

 

 

時間が無い

 

 

運動したくても暇が無い、筋トレに割く時間が無い、という方も多いでしょう。

 

朝早くに出勤して、遅くにへとへとになって帰宅して、ご飯を食べてお風呂に入って、また明日も早いから早く寝ないと・・・・、たまに休みがあっても、疲れて家でずっと寝ている。。。

 

 

確かにこんな生活を繰り返していたら、運動やトレーニングする時間はありませんよね。

 

 

しかし、実は、筋トレは毎日行う必要はないのです。

 

 

持久力などは別ですが、胸板を厚くしたり、腹筋を割りたいという場合は、ほとんどが筋繊維の発達になりますので、この場合は、筋トレ後の筋肉痛が治るまで休息が必要になります。

 

 

そして、筋肉痛が治り筋繊維が復活するときに、以前よりも更に太くなって復活します。

 

 

運動、筋トレ、というと毎日行わなければならないという先入観がありますが、実際には、筋トレ⇒2〜3日休息⇒筋トレと、休息を挟みながら行うのが効率の良いトレーニングとなります。

 

 

忙しいのに、毎日無理に辛い筋トレを行う必要はありません。

 

 

効率よくトレーニングを継続するには

 

筋トレが長続きしない人の多くは、

 

 

習慣化できていない

 

 

急に無理なトレーニングを始める

 

 

という方が多いです。

 

 

ハードなトレーニングを1回するよりも、簡単なトレーニングを長く続ける方が、変化を感じられやすいです。

 

 

その為、まずは毎日の入浴の前、湯船にお湯を貯めている間に、腕立て伏せ10回、腹筋10回を行うなど、簡単なメニューから始めることをお薦めします。

 

それから慣れてスピードが上がってきたら、もう少し回数を増やすというように徐々に体を慣らしていくようにしましょう。

 

また、鼻づまりで、夜なかなか眠れない事がある、という方は、寝る前に腹筋運動を10〜20回ほど行うと、鼻がスッキリ通る場合がありますよ。もちろん症状にもよりますので、必ずとは言えませんが。

 

 

体重を何キロまで落とす、腕を何センチ太くする、ウエストを何センチまで細くするなど、明確な目標があるとモチベーションを高く維持することができますよ。

 

毎日計ることで変化も分かりやすいですし、体が変化していくとトレーニングも楽しくなります。

 

 

それでもあまり効果が表れない場合は、HMBなどの筋肉サプリメントや、着るだけで効果がある加圧シャツなどを利用してみてください。

 

 

負荷をかけて行う加圧トレーニングは、時間のない人にも効果的なので今特に人気の筋トレ商品ですよ。

 

 

また、どうしても長続きしない方は、思い切ってジムに通ってみるのもお薦めです。

 

 

スポーツジムは当然有料なので、行かないともったいないですよね。

 

一度入会していしまえば、会費がもったいないので、少しでも元を取ろうと無理にでも通う方も増えてくるでしょう。

 

 

毎月お金を払っているとなると、嫌でも優先度は上がりますので、どうしても長続きしない方は、試しに一度ジムに通ってみるのもお薦めですよ。

 

 

また、ジムで出会った人と仲良くなれば、ジムに通う理由もできます。

 

 

しかし、中には、どうしても運動が苦手、筋トレは辛くてきつい、というかたには、ヨガやピラティスなど、体を激しく動かさないものに挑戦してみてください。

 

 

 

筋トレというと、ダンベル、腹筋、腕立て伏せなど、辛いものをイメージしてしまいがちですが、ヨガやピラティスでは、普段の生活では中々鍛えることができないインナーマッスルを鍛えることができますので、適度に筋肉をつけてスタイルを良くしたい、という方には、むしろヨガやピラティスの方がお薦めです。

 

 

また、インナーマッスルを鍛えると、肩こりや腰痛改善にも効果が期待できます。

 

 

 

まずは、続けることを目安に、自分で取り組みやすいトレーニング方法を見つけて、毎日楽しく行いましょう。

 

 

 

 

 

>>男性用お薦め加圧シャツはこちら

 

 

 

>>女性用お薦め加圧商品はこちら

 

 

 

 

 

↑ ページの上部へ